CA101-薬用スカルプエッセンス|女性の育毛剤 効果・口コミ

女性に多い薄毛の症状タイプとは?

 

女性によく見られる薄毛の症状は主に6種類あります。
自分はどの症状に当てはまるかチェックしてみましょう。

 

1. びまん性脱毛症

一番多い女性特有の脱毛症。男性によく見られる頭頂部や生え際といった部分的な薄毛ではなく、頭部全体が透けるように薄くなるのが特徴。
特に40代以上の女性に多く見られ、原因として老化や無理なダイエット、ストレス、間違ったヘアケアが挙げられます。

 

2. 分娩後脱毛症

びまん性脱毛症につづいて多く見られるのが、産後に起こる分娩後脱毛症です。
出産後、急激に女性ホルモンの分泌が低下することで、ヘアサイクルが休止期に入り、抜け毛が増えてしますのです。
約6ヶ月程度で元に戻ると言われているので、あまり気にしないことが大切です。

 

3. 粃糠性脱毛症(ひこうせい)

頭皮の乾燥による乾いたフケを伴う脱毛症です。フケが毛穴を塞ぐことで、頭皮が炎症を起こし髪の成長を妨げます。
生活習慣の乱れや、シャンプーをする際に力を入れて洗ったり、頻繁に洗ったりすることで頭皮が乾燥した状態になっていることが原因です。
シャンプーは1日1回に頻度を抑え、力を入れず指の腹で優しく洗うように心がけましょう。

 

4. 円形脱毛症

聞いたことがある人も多いメジャーな脱毛症。突然頭髪の一部が、円形にごっそり抜ける脱毛症です。脱毛箇所は1箇所とは限らず、数カ所抜けてしまう場合もあります。
主な原因として、ストレスやアレルギー疾患などが挙げられます。円形脱毛症の場合は、医療保険が適用されるので、症状に気づいたらすぐに病院へ行きましょう。

 

5. 牽引性脱毛症(けんいんせい)

特に、髪が長い女性に多く見られる脱毛症です。ポニーテールなどのヘアアレンジで、頭髪の一部に負荷がかかり、その部分が薄くなってしまいます。
長期間同じ髪型や、まとめ髪をしていると頭皮への負担が大きく、薄毛の原因となってしまいます。
こまめに分け目を変えたり、なるべく頭皮に負担のかかるヘアアレンジを避けることが大切です。

 

6. 脂漏性脱毛症(しろうせい)

皮脂が過剰に分泌されることで起こる脱毛症です。シャンプーのすすぎが不十分だったり、頭皮に汚れが残っている状態が続いたりすることで、皮脂が過剰に分泌され、脂漏性脱毛症を引き起こすことになります。
使っているシャンプーが合っていない可能性もあるので、頭皮が脂っぽく悩んでいる方は、皮膚科や頭髪専門の病院で相談してみることをおすすめします。

PR:育毛剤 女性に人気の商品とは?

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ